WORK STYLE

ベルクの働き方

従業員がより働きやすい環境を目指して
業務効率化への取り組み


「標準化」の推進~お客様、そして、従業員のために~

ベルクの最大の特徴は、店舗の「標準化」です。「標準化」とは、仕事のやり方や商品の展開方法を全店で統一させ、例外を作らないことです。ベルクではハードとソフトの両面から「標準化」に取り組んでいます。
ハード面では、お客様が買い物しやすく、必要な品揃えが出来る平均600坪前後の売場を標準とし、レイアウトや品揃えのコンセプトを全店で統一しています。
ソフト面では、店舗作業を出来るだけシンプルにして、日々の業務の進め方や、商品・備品の管理方法も統一しています。
お客様がよりお買い物をしやすい店舗とは何か、そして、従業員にとって、より働きやすい環境とは何かを常に考え、店舗づくりを行っています。

従業員のプライベートの充実も実現できる「標準化」

「標準化」により、仕事の効率や従業員のモチベーションが高まれば、収益力や更なるサービスの向上にもつながります。その成果は、給与と休日の充実という形で従業員に還元されます。

店舗・本社・物流・製造が一体となって、店舗運営オペレーションの効率化・負担軽減。

どの店舗においても標準化を徹底し、効率的に働ける環境を構築。

労働時間の短縮が仕事への集中力を生み、生産性が向上。利益の増大。

高い給与体系と多くの休日日数の実現。オン・オフの両方が充実した豊かな人生に。

標準化のメリット

お客様が買い回りしやすい。

どの店舗に行っても、売場のレイアウトや品揃えが統一されているので、目的の商品をすぐに探すことができます。お客様にとってわかりやすく、安心したお買い物につながります。

従業員が働きやすい。

売場レイアウトや品揃え、オペレーション等が統一されているので、新たに配属された店舗でもスムーズに仕事を始めることができます。仕事を覚えたり、教育する負担が減ることで、従業員の働きやすさにつながります。


全店舗で売場のレイアウトや什器などを統一しています。
売場の写真
売場
什器の写真
什器
オペレーションの写真
オペレーション

社員の声

グロサリー部

売場のレイアウトや仕事の基本的な流れが統一されているので、新しい店舗に配属されても戸惑うことなく、すぐに仕事に慣れることができます。

店長

タブレットの動画を見せながら説明できるなど、マニュアルが充実しており、新入社員やパート・アルバイトもスムーズに仕事を覚えることができます。指導する社員も教えやすいです。


社内提案制度

業務効率化への取り組みの一つとして、社内提案制度を設けています。業務改善につながるアイデアを従業員から募集し、規準に基づき表彰を行います。優秀な提案には、最大5万円の報奨金を支給しています。

店舗運営を支える拠点

物流センター

ベルクでは、物流センターを自社で運営しており、現在第1センターと第2センターの2センター体制を敷いています。
最先端のテクノロジーを駆使したソーターシステム(自動検品仕分けシステム)等の設備を備えており、迅速かつ確実な配送を実現しています。また、高い収容能力と品質を保持する4つの温度帯管理は産地やメーカーからの大量一括調達を可能にし、商品の安定供給につながっています。

物流センターの写真

ホームデリカ(総菜工場)

ベルク100%子会社(自社製造工場)の「ホームデリカ」では、惣菜、白飯などの製造やパック作業、配送を行っています。
店舗オペレーションに合わせて下ごしらえした材料を必要量ごとに調理キットとして供給することにより、店舗作業の負担を軽減すると共に、お客様に短時間で出来たての商品を供給することを実現しています。

ホームデリカ 総菜工場の写真