BELC STAFF

社員が語る、仕事、ベルクの魅力
社員インタビュー


仲間の成長を見届け、支える

荒井 努

販売運営部 エリアマネージャー
2000年入社

店舗の運営をサポート

 エリアマネージャーは担当するエリアにある複数の店舗の「人・物・お金」を管理することが仕事です。普段は店舗を巡回し、管理状況のチェック及び指導を行っています。具体的には、標準化に沿った売場ができているのか、接客の様子、クリンリネス清掃は行き届いているかなどを確認しています。また、店長と予算達成へ向けての施策や、店舗の問題点の解決に向けて、コミュニケーションを取りながら、円滑な店舗運営ができるようにフォローする業務も行っています。本社からの指示を伝えて、また、店長からの要望を本社に伝える、店舗と本社の架け橋となるような仕事ですね。

店長になりたいという想いを持って、入社

 就職活動は小売業を中心に見ていました。私は店長をやりたいという希望がありましたので、店長になれる可能性が高いかという基準で就職先を探しました。大手も含めて、多くの会社を見ましたが、その中でも、ベルクは積極的に出店していて、店長になれる可能性が高いと思いました。売上や利益も毎年伸びており、これからの会社だとベルクの成長性に魅力を感じて、入社しました。

気持ちよく働ける環境をつくる

 「人・物・お金」の管理の中で、一番大切にしているのは「人」の管理です。良い売場作りや感じの良い接客をするためには、それをつくる「人」がポイントだと考えるからです。店舗で働いている社員が楽しく、やりがいを持って仕事ができる環境をつくることはエリアマネージャーの管理業務の中でも一番重要な仕事だと思っています。店舗の社員とコミュニケーションを取る際に、言葉遣いに気を付けたり、一方的な話し方にならないように気を付けています。そのためにも、コミュニケーションの一番の基本である、あいさつを大事にしており、笑顔で元気よく声をかけるように心掛けています。あいさつは職場のコミュニケーションを円滑にする魔法の言葉です。

仲間の成長から感じる喜び

 店舗の社員など、自分と一緒に働く仲間や部下が功績を上げ出世していくのは非常に嬉しく、やりがいを感じます。そのことに自分が少しでも力になれたなら、さらに嬉しいですね。
 現在、将来の店長候補となる入社2~3年目の若手社員の人材育成研修のマネージャーを担当しています。最終回では、彼らの顔つきや仕事に対する意欲の変化を感じることができ、感慨深いものがあります。嬉しさと同時に、自分も負けないようにもっと頑張らないといけないとも思いましたね。

標準化によって、改善策を素早く展開できる

 ある店舗で改善点が見つかった場合、その改善策を他の店舗にも展開することがあるのですが、そこで標準化のメリットを感じますね。店舗ごとにレイアウトやオペレーションが異なっていると、改善策を実施しようと思っても、この店ではできるけどこの店ではできないということになり、徹底できません。ベルクは店舗のレイアウトやオペレーションが全店舗で統一されているので、改善策を素早く、全店舗で展開できます。その点は、ベルクの大きな強みだと思いますね。

やりたい仕事ができるかを基準に

 就職活動は、会社の規模などにこだわらず、自分がやりたい仕事ができるかという基準で就職先を探すことをおすすめします。私は店長の仕事がしたかったので、若いうちから店長になれるチャンスがあるベルクを選びました。大手に入社していたら、今の年齢でも店長になれていないかもしれません。自分はどういう仕事がしたいのか、どういうキャリアを歩んでいきたいのかを考えて、それを実現できる可能性が高い会社をOBやOGにも話を聞きながら、探した方がいいと思います。ベルクは若手にも大いにチャンスが開かれている会社です。皆さんの入社を心からお待ちしています!

ベルクの魅力

休みの質

ベルクは休みを大切にする会社なのですが、「休みの質」も高いのではと思っています。もし、週に2日休みがあったとしても、週5日夜遅くまで働けば、当然休みの2日間は体を休めるために使わないといけません。ベルクは残業時間が長時間にならないように、労働管理が徹底しており、無理のない働き方ができますので、休みの日は家族との時間や、趣味を思いっきり楽しむことができます。これこそが、真のワークライフバランスだと思っています。